使用方法と保管方法で機械式時計の寿命にも影響する!

機械式時計は、その繊細な美しさとメカニカルな機能美が魅力で、アンティークやブランド時計はとても高額の価値がつけられます。したがって保管方法も正しく行わないと寿命にも影響するどころか、売却時に美しさが損なわれ、査定価格が下がってしまうケースもあります。正しい保管方法をしっかりと把握し、大切に保管しましょう。保管方法のポイントは2つあります。どちらも内部のメカニズムに悪い影響を与えたり、カビや錆の原因にもなるので注意して下さい。

振動が起きない安定した場所に保管する!

続いて紹介するのは保管する時のポイントその1です。まずは、時計を振動が少なく安定して置ける場所に保管して下さい。機械式時計の内部はとても繊細です。特にアンティークの機械式時計になればなるほど、衝撃や振動による誤差などが発生してしまう可能性があるので注意が必要ですよ。たとえ小さな振動でも長時間時計に負担がかかる場所には保管しないようにして下さい。理想は、固定された専用ケースなどに入れる事をオススメします。

湿度や水がかからない場所に保管する!

続いての保管する時のポイントその2は、水や湿気対策です。湿気が多い場所では、汗などが原因でカビが生えやすくなります。使用後に保管する際はしっかりと掃除してから湿気を避けることが重要です。さらに、水がこぼれてつくような場所には置かないように工夫して下さいね。以上のようなポイントに注意して大切な機械式時計を保管しましょう。そうすることで、少しでも長く美しい状態で愛用している時計を維持する事ができますよ。

ウブロは、素材開発で、それまでにない質感・剛性などの新たな価値を生み出し続けています。金時計一つとっても、金・銀・プラチナの合金により、品のあるラグジュアリー感を出すことに成功しています。