なぜ腕時計が必要なのか

携帯電話・スマホで時間を容易に確認できる現代で、なぜ腕時計が必要なのでしょう。まず、40代以上の中高年層にとって社会人は腕時計を持つのが当たり前という考えが根付いています。そして会社で40代以上となれば、それなりのポストについてますよね。腕時計を付けないだけで上司からマイナスな印象を持たれるより、付けた方が良いですよね。また、いつ鳴るか分からない携帯・スマホで時間の確認をすると、相手に気を遣わせる可能性もあるので、ビジネスマナーとしてもマイナスです。

ビジネス用の腕時計は見やすさ、正確さを重視

ビジネス用の腕時計として最適なのはどのような腕時計なのでしょう。まず、機能面で押さえておきたいのが見やすさと時間の正確さですね。個性的な文字盤のデザインのせいで、針や時刻が読みづらい腕時計は避けた方が良いですね。文字盤の多いクロノグラフも見やすいとは言い難いので、避けた方が良いでしょう。社会人ともなれば時間を守るのは当然な訳ですから、時間の正確性も重要です。ですから、時刻を自動調整する電波時計を選ぶのが理想的ですね。

デザインはシンプル、全体のバランスも考慮する

ビジネス用の腕時計はシンプルなデザインにするのが基本です。白い文字盤で三針のアナログ時計が定番で、ベルトは黒革かステンレスの2択ですね。ただ、黒革のベルトの方がよりフォーマルな印象を与えますよ。また、スーツも含めた全体のバランスを考慮することも大切です。量販店で売っているようなスーツに高級ブランドの腕時計は浮いて見えます。それと紺やグレーのスーツにはステンレスのベルトの方が合うでしょう。更に痩せ型の人は薄くてスマートな時計が、ガッチリした体型の人には大きめの時計が合うので、なるべく実物を見て購入するのがオススメですよ。

高級時計のヨシダ