壁面緑化で重要な植物への水やり

壁面緑化では、植物の状態を維持するためメンテナンスを意識する必要があります。植物にとって水の補給は重要性が高いです。特に壁面緑化の場合には壁面に植物を配置するため、根付くための土壌が限られています。しかし壁面緑化では、植物への水分補給は自動化が可能です。タイマーによって適度な時期に水を供給する自動装置を使用すると手間は掛かりませんよ。人が直接水やりを行うことも可能であるものの、自動装置を使った方が簡単です。

害虫対策で壁面緑化の緑を維持

壁面緑化で用いる植物は生き物であり、時には害虫が付くこともあるでしょう。しかし慌てず対処すれば、害虫の問題は解決が可能です。害虫駆除のための薬品が利用可能であり、害虫の存在が確認できるようであればそれ以上の拡大を防ぐために対策するよう心掛けが欠かせません。ただし都市部では、農薬の散布に問題がある箇所も少なくありません。壁面緑化の周囲の状況を考慮しながら、どのようなタイプの農薬を使用するか考慮が必要ですね。

成長を続ける植物への剪定が必要

植物は成長を続けますから、壁面緑化で用いられている植物も次第にツルなどが周囲に伸びてきます。そこで壁面緑化で行うメンテナンスの一つとして、定期的に剪定を実施するように心掛けましょう。できれば年に数回程度は選定作業を行った方がいいですね。もし剪定の作業を怠っていると、植物が隣接する周囲の建物へも広がるため問題があります。美観の面からも、必要に応じて適度に植物の剪定を行った方が壁面緑化の美しい状態を保てますよ。

壁面緑化のコストを節約するために、エコ活動を展開している企業の成功事例をチェックすることが効果的です。